熊本大学     電力フロンティア講座                                   Frontier Technology for Electric Energy 本文へジャンプ
メンバー紹介


電力フロンティア講座教員

S. ムサビ ネジャド【准教授】
S. Moosavi-Nejad
【Associate Professor】

I received the M.D. degree from School of Medicine, Tehran University, in 1992, and the Ph.D. degree from School of Medicine, Tohoku University, Sendai, Japan, in 2001. My research interests are bioffects of pulsed power, clinical application of shock waves, therapeutic ultrasound and highintensity focused ultrasound, and nano-medicine.
セバスティアン グナポフスキ
【助教】
Sebastian Gnapowski
【Assistant Professor】

I received Dr Eng. degree of the graduate school Science and Engineering, Saga University in Japan in 2009. My research activities include plasma barrier discharge and their applications.Different my research field was Sono-Solidification Al-Si Alloy and tixocasting. My hobby is science and paragliding.


電力フロンティア講座関係教員

秋山 秀典 【教授】
Hidenori Akiyama 【Professor】

先の寄附講座が、21世COEプログラムに発展しており、電力フロンティア講座の開設が平成20年度からのグローバルCOEプログラムの採択に繋がりました。今後の進展が楽しみです。
◆ Hidenori Akiyama
◆パルスパワー科学研究所
池上 知顯 【教授】
Tomoaki Ikegami【Professor】

様々な環境問題に対して電気エネルギーを用いた解決方法について教育研究行い循環型社会を担う人材を育成したいと思います。
宮内 肇 【准教授】
Hajime Miyauchi
【Associate Professor】

電力自由化を迎え複雑多様化する電力システムに対し、電力フロンティア講座の開設で、熊本大学が電力関連工学の拠点として発展していくと確信しています。

勝木 淳 【教授】
Sunao Katsuki 【Professor】

パルスパワーによって生成される、非熱平衡や高エネルギー密度現象(電磁界、光、圧力波、プラズマ)の動物細胞やバクテリアへの作用を調べています。また、それを制御してバイオ技術、医療、殺菌に応用する研究を進めています。
喜多 敏博 【教授】
Toshihiro Kita 【Professor】

電力工学をe-learningによって自習できるコンテンツを整備し、いつでもどこからでも利用できるサーバーで運用します。
(e-learning推進機構所属)
佐久川 貴志 【准教授】
Takashi Sakugawa
【Associate Professor】

電力は現代社会・生活の基盤となるエネルギー分野です。ベースである電力をパルスパワー等の極限エネルギーへ変換・応用する技術を通して、電気エネルギーの可能性を追求していきたいものです。

浪平 隆男 【准教授】
Takao Namihira
【Associate Professor】

世界に先駆けて考案した「ナノ秒パルスプラズマ」は、ナノ秒オーダーという極めて短い時間かつ数十ミリジュールという極めて小さいエネルギーで形成されるものの、非常に科学活性が高いユニークな気相反応場であり、オゾン生成及び有害ガス分解、燃料改質など多くの省エネルギープロセスの実用化を目指しています。
王 斗艶 【准教授】
Douyan Wang
【Associate Professor】

気中や水中で生成した放電プラズマを用いて、有害生物の不活性化、植物体への刺激反応や細胞活性、細胞内への物質導入に関する研究を行っています。

光木 文秋 【助教】
Fumiaki Mitsugi
【Assistant Professor】

主に気中生成プラズマの応用に関する研究に従事しています。パルスレーザーを用いた薄膜堆積技術に関し、薄膜の評価をはじめ大面積成膜等に取り組んでいます。また、放電基礎特性の計測に関する研究において、放電時に発生する放電音やイオン風の計測も行っています。