English  


 私たちは,パルスパワーとバイオの融合「バイオエレクトリクス」を通して
 安全・安心で豊かな社会の構築に貢献します。

 パルスパワー(パルス大電力)という瞬間的な強い力は,生体が経験したことのない「刺激」または「ストレス」です。 このパルスパワーを用いて生体の応答や挙動を制御できないか、ということに私たちは強い関心を持っています。 パルスパワーを適当な条件で動物細胞に印加すると、特定の薬を使ったときにのみ起こるような生体応答や、これまで見たこともないような現象が細胞の中で起こります。 ということは、パルスパワーというユニークな物理刺激は,薬の代わりに使えるかもしれませんし、新しい生命現象を引き出すためのツールとして医療に応用できるかもしれません。 パルスパワーが生体にどのように作用し、また、生体がどのように応答するか、というナゾの解明に私たちは取り組んでいます。 さらに、 このパルスパワーのユニークな生体への作用を産業に応用する研究にもチャレンジしています。

 こういったいわゆる強電(電気工学)と生命が融合した分野を「バイオエレクトリクス」といいます(バイオエレクトロニクスではありません)。 私たちは,電気電子工学をバックボーンとして医薬系、農業、食品分野の方々と連携して研究を進めています。

※ 技術相談や共同研究に関するお問合せを随時受け付けています。気軽にご相談下さい。


ニュース                   2019.06.15

2019.05.25
FOOMA JAPAN 2019に出展します
7月9〜12日に東京ビッグサイトで開催される FOOMA JAPAN 2019 (国際食品工業展)「パルスパワーを用いる液状食品の革新的低温殺菌技術」 をテーマとして出展します。期間中のポスター展示のほか10日(水)昼前に勝木が講演します。
2019.04.28
パルス殺菌の実用化を目指しパイロット試験を開始しました
液状食品の成分を劣化させないパルス殺菌技術の実用化を目指して、本研究室と複数企業の共同研究によりパイロット試験をはじめました。
2019.04.06
2019年度勝木研スタート
新卒研生を迎えて新体制で研究室の活動を開始しました。
2019.03.31
巣立ち
大西伸明君が博士として民間企業に巣立ちました。 修士4名(片桐敏晶、岸本健太郎、藤原裕介、渡邊将吾)と学士5名(豊満陽希*、中村剛丸*、緒方拓海*、岡本修治*、宮崎大貴*)が社会に巣立ちました(*大学院生として研究室に残留)。活躍を期待しています。なお、卒研生藤野翠さんは1月からカナダに留学中です。
2019.03.31
3月8日にバイオエレクトリクスに関する国際シンポジウムを開催
バイオエレクトリクス分野で著名な4名の欧米研究者をお迎えして国際シンポジウム(パルスパワー研主催)を開催しました。招聘したGregor Sersa博士、Maja Cremazer博士、Marie-Pierre Rols博士、Guus Pemen博士等と真剣に討論し、有意義な学術交流となりました。阿蘇山や黒川温泉の遊覧ツアーを通して親睦を深めました。
2019.02.20
修論試問会、卒論発表会
修士4名(片桐敏晶、岸本健太郎、藤原裕介、渡邊将吾)が2年間の成果を発表しました。 引き続いて、卒研生5名(豊満陽希、中村剛丸、緒方拓海、岡本修治、宮崎大貴)が卒業研究の成果を発表しました。ご苦労様でした。
2019.01.15
学位論文発表会
発表者:大西伸明 (大学院自然科学研究科複合新領域科学専攻D3)
論文名:高電界パルスの動物細胞に対する物理作用および誘導される応答に関する研究
日 時:平成31年1月29日(火)
場 所:黒髪南地区キャンパス 黒髪南C7(共用棟黒髪3) 5階 516号室
2019.01.07
受賞
卜部玄君(博士後期課程1年)がプラズマ・核融合学会九州沖縄山口支部から講演奨励賞を受賞しました。研究発表「強電界パルスがタンパク質に与える影響」に対するものです。おめでとう。益々の活躍を期待しています。
2018.12.13
論文発表
大西伸明君(博士後期課程)が2年がかりで進めてきた「PEFに伴う細胞内Caの動態」に関する研究論文がIEEE Trans. Biomedical Engineering誌に掲載されました。
2018.11.10
イベント
11月9-10日の2日間で七里田温泉焼肉合宿を行いました。3年ぶりです。昼間は体育館を貸し切って汗を流し、腹いっぱい焼肉を食べ、夜は麻雀を楽しんだり酒を飲んで語り合い、英気を養いました。
2018.10.01
国際会議発表
Bioelectrics Symposium 2018(9/24-27, Prague)にて、大西伸明君が「PEFに伴う細胞内Caの動態とROSの発生」、卜部玄君が「PEFを印加したウレアーゼタンパク質の変性」、渡邊将吾君が「PEFを用いる液体食品の低温殺菌」について発表しました。
2018.09.22
招待講演
勝木が、化学工学会第50回秋季大会(9/18-20、鹿児島大学)にて「強電界パルスの生体作用と医療および食品プロセス応用」と題して招待講演を行いました。
2018.09.01
イノベーション・ジャパン2018出展
イノベーション・ジャパン2018(8/29-31、東京ビッグサイト)にて「強電界パルスの革新的食品低温プロセス」に関する展示を行いました。
2018.06.10
招待講演
勝木が、19th International Congress on Plasma Physics(6/4-7, Vancouver)にて「Effects of Intense Pulsed Electric Field to Biological Cells」と題して招待講演を行いました。

バイオエレクトリクスって?

トピック